罰金35,000円! 覆面パトカーの見分け方 ミラー アンテナ エンブレム 走りで判別できる

岐阜羽島PAに潜んでいた覆面パトカー

前回、覆面に捕まるまでのリアル体験談を書きましたが、今回は覆面の見分け方を説明していきます。

私が捕まったときは青い服もヘルメットも着けておらず、一人しか乗っていませんでした。正確には、服は青い服の上に黒いジャケット、ヘルメットは積んでるだけ、助手席は思いっきり倒して隠れていました。そんな悔しい思いを二度としないよう、覆面の見分け方をまとめてみました。

覆面に捕まるまでのリアルな描写はこちらから。京都縦貫道を気持ちよく走っていると、前後に1台もない空間にグレーのマークXが。何か怪しいと思い、巷で有名な覆面か判断する儀式をやってみるものの。。。「罰金35,000円! 覆面パトカーに捕まるまでの一部始終をリアルに描写してみた」

覆面パトカー 見分け方その① 車種

まずは車種から見ていきましょう。

 トヨタ マークX  マークX
 トヨタ ゼロクラウン  ゼロクラウン 覆面
 トヨタ クラウン ロイヤルサルーン  岐阜 覆面  ロイヤルサルーン
 日産 スカイライン  スカイライン 覆面
 日産 セドリック  セドリック 覆面
 日産 ステージア  ステージア 覆面
 スバル レガシィ レガシィ 覆面
 スバル インプレッサ  インプレッサ 覆面

ロイヤルサルーン以外は引用させていただきました。上から順に、
カーセンサー「http://img.carsensorlab.net/CSphoto/catalog/TO/S133/TO_S133_F002_M001_6_L.jpg」
みんカラ「http://art43.photozou.jp/pub/508/632508/photo/56866330.png」
関西発!ペーパー薬剤師のネタ帳「http://pds.exblog.jp/pds/1/200408/04/20/a0032020_1974641.jpg」
大阪府警のパトカー 交通覆面「http://www.geocities.jp/p_no_kimochi/P7160218.JPG」「http://www.geocities.jp/p_no_kimochi/stagea5200.jpg」
大阪府警 交通機動隊 八尾分駐 レガシィ覆面パトカー   「https://i.ytimg.com/vi/khItX1pPKxM/maxresdefault.jpg」
世界びっくりカーチェイス2「http://nightshift.opal.ne.jp/jp7/chibaa130709.jpg」

トヨタか日産、スバルの覆面がほとんどです。また、違反者を後部座席に乗せるためクーペやオープンの覆面はありません。色は白、黒、紺、シルバーなどの目立たない色が用いられています。ただ、スカイラインの写真のように、青い服と溶け込むのか一般車ではあまり見ないこの青色もあるので気をつけたいところです。

 

覆面パトカーの見分け方 その② アンテナ

岐阜 覆面  ロイヤルサルーン

 

この写真のようにリアウィンドウの上にちょんまげのようなアンテナ(ユーロアンテナ)が付いているタイプの覆面が今は多いです。

また、この写真をクリックしてもらうと分かるのですが、配線がちょろっと出ているのが分かるかと思います。これはかなり下手な部類で、普通はここまで分かりやすくはないですが、こういうところも見極めポイントです。

 

岐阜の高速で見たTV偽装型アンテナの覆面ゼロクラウン

こちらの写真は先日、岐阜の高速を走っていたときに久しぶりに見た、TVダイバーシティ型アンテナの覆面。この日は片側工事で1車線だったので、残念そうでした。

しばらく後ろを走っていたのですが、意外と運転が雑でした(笑)よく、キープレフトでカーブは白線に沿ってすーっと曲がって行くと聞きますが、もうガタガタ。

結局、そのような道路状況なので獲物も来ず、よっぽど鬱憤が溜まっていたのか、高速を降り料金所手前でいきなり赤色灯を点灯。はたまた私にシャッターチャンスをくれたのか。しかしそんなタイミングで来るとは思わず、ごめんなさい撮れませんでした。

他にも、上で紹介したセドリックにはトランクのところに、ゼロクラウンはリアウィンドウに、形は違いますが無線用の仰々しいアンテナが付いています。

 

 

このユーロアンテナ、覆面でないクラウンでもたまに付いていたりします。普通の一般車はもう1枚の写真のサメのヒレのような(シャークフィンアンテナ)が付いていますが、ちょんまげと比べるとアンテナが覆われているため、若干ラジオの感度が下がることから、クラウンには不細工なちょんまげを付けている人もいるようです。

クラウン ロイヤルサルーン

 

上で紹介したレガシィは覆面なのですが、これは後ろから見てもアンテナが見当たらず非常に見分けにくいです。こういう場合は次の見分け方が良いでしょう。

 

 

覆面パトカーの見分け方 その③ 動き

獲物が来るまでは法定速度で左車線を走っています。いわゆる優等生ぶっています。ですが、ターゲットを見つけると、急な加減速やトラックの陰に隠れたり、あおったりします。ちょうど良いサンプルがありますので動画を御覧下さい。

このように、覆面のような車を抜かしたら急に速度を上げてきたり、抜かしたら車線変更してくるのは覆面の可能性が極めて高いです。

特に2つめの動画は、トラックが抜かしたらすかさず覆面パトカーがトラックの死角に入っています。つまりミラーには映らないので、目視で見るしかありませんが、このトラックの車内から振りかえって見える範囲に覆面は存在しません。

ですので、抜かす前に十分精査することです。

覆面パトカーの見分け方 その④ ミラー

これを見つけることができたら決定打となります。覆面は、我々一般のドライバー用のルームミラーに加え、助手席用として2つ付いています。上下2段式が結構多く、これなら分かりやすいですが、並行に付いているのもあります。

覆面 マークX ミラー

引用:世界びっくりカーチェイス2 「http://nightshift.opal.ne.jp/jp9/takab141007.jpg」
環七散歩「http://blog-imgs-56.fc2.com/l/o/o/loop7walking/DSC03884-1.jpg」

リアウィンドウ越しには、逆光や相手が陰に入ったときに見やすいです。ただ、濃いスモークを貼っているのもありますので、そういう場合は覆面の斜め後方から運転席または助手席のウィンドウ越しに、確認すると良いです。例えばこんな感じ。

岐阜 中央道のTVダイバーシティ型アンテナ装備のゼロクラウン 岐阜 一般道の覆面パトカーゼロクラウンのルームミラー2個と青い服を着た警察が見受けられる

1枚目の写真はちょうど相手がトンネルを抜けるところです。この瞬間は車内が見えるベストタイミング。

2枚目の写真、少し分かりにくいですが、ルームミラーの上にもう一つルームミラーがあります。また、夏場は半袖なので長袖と比べて青い部分が少ないですが、例の警察の服を着ていることが見受けられると思います。

あと、2枚目の写真の窓枠を見ても分かるように、覆面はバイザーを付けていることが多いです。
全てではないので、あくまで判断材料の一つとしてください。

覆面パトカーの見分け方 その⑤ エンブレム

クラウンの場合、一般車なら一つ目の写真のように左右にエンブレムが貼ってあります。ただ、覆面の場合CROWNのみで、グレードは貼られていないことがあります。逆に一般車同様、両方とも貼っているのもありますので、あくまで一つの判断材料としてください。

クラウン ロイヤルサルーン岐阜 覆面  ロイヤルサルーン覆面 ゼロクラウン

さて、ここでクイズですが下の写真のクラウンはユーロアンテナが無いので、普通の車と判断してしまいそうですが、この写真に写っている部分だけで覆面だと判断できる材料があるのですが、どこだと思いますか。

大阪中央環状線のユーロアンテナが無い覆面パトカー CROWNのエンブレムのみ

 

エンブレムに注目してほしいのですが、左端にCROWNのみ。ここがポイントです。

というのは、トヨタ自動車が過去30年で販売してきたクラウンには必ず「CROWN」の文字と、この車でしたら「Royal Saloon」というグレードを示す二つのロゴが、右、左の配置こそ変わるものの両端に付きます。
個人的にロゴを取り除いた車は別ですが、何の改造もしていなくて車が綺麗なら覆面と判断して間違いないです。あとは、ルーフがつるっ禿げなのも違和感があります。今時クラウンくらいのグレードでしたらシャークフィンアンテナが付いているのが主流ですし。

覆面パトカーの見分け方 その⑥ ナンバー

ナンバーも有効な判断材料です。例えば京都の高速で、名古屋ナンバーの覆面っぽいクラウンがいたとしても覆面ではありません。縄張りというか、その道路の管轄エリアが決まっています。ただ県境では、協定を結んで自身の県を越えて取り締まれるようにしているところもあるので、注意です。

Advertisement

運転はサッカーみたいなもの

私はサッカーはそれほど詳しくないのですが、ボールを持っているサッカー選手がすぐに綺麗にパスできるのは、味方のメンバーが今どこに居るかを、走りながら把握しているからだと思います。

運転も同じように自分の車を中心に、前は視界の範囲、後ろはルームミラーで見える範囲で、どの場所にどんな車が走っているかを把握しながら走ります。一言で言うなら、自動運転車のように「スキャンしながら走る」感じでしょうか。

特に、合流して本線に入ったときは、まず後方の情報を集めることが大切です。私が以前ひやっとしたのが合流して、車線変更して飛ばして行こうと後ろを見ていると、サイドミラーで右後方にクラウンを確認しました。何となく予感がしたので、そのまま左を走っていると右からゆっくり抜かしてきたので、見てみると覆面でした。

次の動画は、覆面パトカーを一度も抜かしていないのに、捕まってしまう例です。

こういうこともあるので、前だけでなく後ろを見ることも非常に大切です。

マイゾーンを決める

自分の車の前方、後方それぞれ100mをマイゾーンとでもしましょう。自分の車と周りの車が全て同じ速度で走っていれば、そのゾーン内に存在する車の数は変化しません。

しかし、後方のマイゾーンの外から自分の車より速い車がやってくると、そのゾーンに侵入してくるわけです。

つまり、ゾーンの中にいる車の数というか、ざっくりとどこにどういう車がいるのかを把握しておき、その変化をいち早く感知することが重要だと思います。

具体的には、ルームミラーに写る範囲で、白い車が3台と黒い車が2台いることを確認、そこにしばらくするとシルバーの車が加わってきた、何か怪しいなぁといった具合です。

前後の割合は3:7で

高速では速度が出てる分、状況の変化が早く、事故が起きた際も被害が一般道に比べ大きくなります。それで、前後の割合は3:7というのは、前は意識しなくても勝手に見てると思います。

しかし、後ろは車線変更するときくらいしか見ない人もいるのではないでしょうか。それでは状況の変化が早い高速では、非常に危険です。ルームミラーがメインで、フロントをサブとして見るくらいがちょうど良いです。5~10秒に1回くらいは後ろをルームミラーで確認したいです。

また、上でも書いたように一番気をつけて後ろを確認したいのが、SAやPA、高速入口からの合流のところです。ここで隠れて待機している覆面も多く、この写真は名神高速道路の羽島PA出口付近の駐車スペースに止まっていた覆面です。愛知県小牧から名神で米原方面に向かう途中の、新幹線の線路と並行するようになり木曽川を越えてすぐのところです。

岐阜 覆面  ロイヤルサルーン

 

それでは、以上の見分け方を使ってシュミレーションしてみましょう。場所は京都の高速です。

  1. まず、高速に入り本線に合流。後ろに見える車をスキャンし、覆面らしいのがいないのか確認。
  2. いなかったので、追い越し車線へ。そのまま流れに乗る。
  3. 追越車線をおよそ2km以上走り続けていると、1点6000円の通行帯違反となるので、安全が確認できたので3車線のうちの真ん中の走行車線へ。
  4. SAの合流エリアが近付いてきた。サイドミラーとルームミラーを駆使し、それらしきものが出てきてないか確認。
  5. そのまま走っていると左前方に銀のクラウン。速度は。。。ほぼ法定速度。まずは後ろを観察。
  6. ナンバーは、京都。エンブレムは、、片方のみ。アンテナはちょんまげ。ミラーは、、スモークで見えない。(怪しい)
  7. 斜め後方から近づく。ミラーは。。上下2つ。覆面!

 

といった感じで見分けてください。どうしても不安な場合は他の車を先に行かせましょう。また、この見分け方で捕まったからといって責任は負えませんので、くれぐれも安全運転をお願いします。

ヘルメットはこの動画を見ても分かる通り、あまり被っていません。

ちなみに私が捕まったときは冬だったので、黒いジャケットでしたが、それ以外の季節はたいてい、この青色の服を着てます。なので、冬以外は覆面っぽい車がいたら、相手のドライバーの服を見るだけで、十分判断できることが多々あります。

 

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 私は趣味は自転車、ドライブ、音楽、読書、カメラです。 車はロータスが好きです。 このサイトでは主に以下のことについて取り上げていこうと思います。 ・穴場観光スポット ・本 ・買って良かった製品、サービスなど ・海外旅行 ・レンタカーやドライブウェイ、覆面パトカーなど車全般 ・大学生向け一人暮らしhow to ・音楽 ・美味しいお店 ・日々のこと思うまま。 サイト名の由来に関してはHOMEも覗いてみてくださいね。