人間的に腐ってきたので山で修行してきた。宝泉寺禅センター体験レポート 中編

宝泉寺禅センター 滝ノ間

前編からの続きです。

受付後のスケジュールとしては、このような感じです。

宝泉寺禅センター 修行のしおり

受付時に集合した滝ノ間で、修行における注意事項や内容、ルールなどの説明を受けます。

宝泉寺禅センター 修行のしおり宝泉寺禅センター 修行のしおり

このしおりの中で特に注意すべきところは、

  • 注意を受けた場合は「はい、ありがとうございます。」と返事すること(特に住職に)
  • 禅堂では一切喋らないこと(後で詳しく説明します)
  • 座禅中は携帯の電源を切る(マナーモードも厳禁)
  • 5分前集合

これさえ気をつけておけば、問題ないと思います。

座禅中は、しーんとしているわけですが、その中でのマナーモードは結構響きます。私のときもそういうケースがあったのですが、住職がキレてましたから(笑)

禅堂というのは、座禅をする部屋なのですが、神聖な部屋みたいなもので、私語は厳禁なのです。ただ、座禅をしているときに住職に姿勢の注意を受けるかもしれません。そのときは、「はい、ありがとうございます。」と言わないといけないので気をつけてください。

施設紹介

ここで、宝泉寺禅センターの施設を紹介しておこうと思います。

前編と少し被りますが、駅から歩いて来たときの入口はこちら。(車で来る場合はここは通りません。)

宝泉寺 禅センター入口

本堂

門をくぐって正面のこの建物が本堂です。本堂では、受付と朝の座禅、講話などが行われます。また厨房もここにあります。宿泊はほとんどの方が禅堂での寝泊まりですが、一部こちらで宿泊する方もいます。(どこで宿泊するかは入山日に説明があり、申し込み時のメッセージなどから住職が判断して割り振っているような話は聞きました。)

宝泉寺禅センター 本堂

どちらかというと不安要素がある方は、本堂になるのかなと推測しますが、詳しいことはわかりません。かく言う私は本堂だったのですが、時期は春先でしたが毛布を2枚着ても寒く、特に顔が寒くて寝れないという、そんな状況でした。でも6畳くらいの部屋で2人で寝るので、比較的寝やすいと思います。
禅堂の場合は、畳1畳のスペースで寝ることになりますので。

また、写真には写っていませんが、左側にはちょっとした庭というか広いところがあり、そこで朝の体操(太極拳)をやります。太極拳といってもラジオ体操の延長線上みたいなものなので、緊張することはありません。前でスタッフの方がやってくれます。

ちなみに朝は5:20起床です。これが辛かった(笑)

それから、本堂の裏側にロッジがあるのですが、女性はそこで全員寝泊まりすることになります。

禅堂

禅堂は2階建てになっており、2階が座禅ができる部屋、いわゆる本当の禅堂です。食事前の座禅や食後の座禅、夜の座禅など、座禅という座禅はほとんどここで行われます。

宝泉寺禅センター 禅堂

建物自体新しく、中も綺麗です。

1階は、食事をする場所、談笑スペース、そしてシャワー室が確か3つあったと思います。

———-writing————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 私は趣味は自転車、ドライブ、音楽、読書、カメラです。 車はロータスが好きです。 このサイトでは主に以下のことについて取り上げていこうと思います。 ・穴場観光スポット ・本 ・買って良かった製品、サービスなど ・海外旅行 ・レンタカーやドライブウェイ、覆面パトカーなど車全般 ・大学生向け一人暮らしhow to ・音楽 ・美味しいお店 ・日々のこと思うまま。 サイト名の由来に関してはHOMEも覗いてみてくださいね。