86のインテリアは本当にクソなのか?シートと肘置きは秀逸だった!

86のエアコンパネルに使われている模様

86といえば、税込みだと300万オーバーになりますが、金額のわりに内装がショボいと揶揄されます。

特に、インパネ周りのプラスチッキーなところは、やはり酷いと言わざるを得ません。

86の内装はクソと言わざるを得ない、プラスチッキーなところ

スポーツカーにそこまで求めてはいけないと言うかもしれませんが、86はスポーツカーと言うほど速いわけでもありません。

停止状態からの加速は、途中までプリウスに置いて行かれるくらいですから。

86 エアコンパネル周り

こちらは、エアコンのスイッチ周りです。ハザードボタンの左には時計が、右には今は点いていませんが、シートベルト着用を促すマークが表示されます。

エアコンのスイッチを詳しく見てみます。

86のインパネ周り エアコンスイッチ

まず、3つ並んだダイヤルですが、86のエアコンは一応、運転席と助手席で温度が変えられるようになっています。なので、左右のダイヤルで別々の温度に設定できます。

真ん中のダイヤルは、風量とパターンを調節できます。

ただこのダイヤル、結構回る感触が軽いので走りながら調節すると、希望温度を過ぎてしまうことがよくあります(笑)

その下の5つのボタンはピアノタッチスイッチと呼ばれ、ピアノの鍵盤のように押すとオンオフができます。

しかしこちらも一番左のリアデフォッガーボタン、ちょうどシフトノブの延長線上くらいにあるので、押しにくいことなんの。

86 MTのシフトノブ

86はインテリアがクソと酷評されているので、さぞかし全部ダメのような印象がありますが、意外と良いところもあるのです。

86はシートのヘッドレストが気持ちいい(笑)

86のシートに関しては、そこそこ固めで腰も痛くなりにくく、背中のサイドサポートもしっかりしており、安定した姿勢が取れるようになっています。

トヨタ86のシート86のヘッドレストの弾力感が気持ちいい

そして、特筆すべきはヘッドレストの部分。頭をヘッドレストに少し押さえつけると、柔らか過ぎず固すぎない絶妙な弾力感に少し感動します。

手で触ってもそこまで分からないのですが、実際に乗って頭をもたれると、納得いただけると思います。

86の肘置きは侮れない!

86の肘置きはドライバーの左側にはなく、右側、ドアの部分にしかありません。侮れませんね。そこじゃないだろって話ですが(笑)

86のセンターコンソール ドリンクホルダー

ちなみに左側は、このように固い肘置きが待ち受けています。

しかし右側は、プラスチッキーなインテリアからは想像できない、結構良い感じの弾力なのです。

トヨタ86の肘置きは秀逸だった!

写真は左側になっておりますが、とにかくこの肘置きがずっと腕をあずけていたいくらい、落ち着きます。

私も初めて腕を置いたときは、なんだ、86の内装にも良いところあるじゃんって思ったくらいですから。

ただ、ATだと問題ないのですがMTはシフトで忙しいので、なかなか右腕を置いていられないんですよね。

そういうわけで、ヘッドレストと肘置き、是非体感してみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 私は趣味は自転車、ドライブ、音楽、読書、カメラです。 車はロータスが好きです。 このサイトでは主に以下のことについて取り上げていこうと思います。 ・穴場観光スポット ・本 ・買って良かった製品、サービスなど ・海外旅行 ・レンタカーやドライブウェイ、覆面パトカーなど車全般 ・大学生向け一人暮らしhow to ・音楽 ・美味しいお店 ・日々のこと思うまま。 サイト名の由来に関してはHOMEも覗いてみてくださいね。