車のステンマフラーを磨きたい。ノーコンパウンドのクリーナー。

車のステンレスマフラーを綺麗にしたい 

金属磨きと言えば、ピカールが有名ですね。

ただ、意外と傷が付いたりといった口コミも見られます。

それもそのはず、ピカールにはコンパウンド(研磨剤)が入っています。

ですが、今回紹介するのはノーコンパウンド。

それでいて綺麗になります。

マフラーのウロコが綺麗に

まずは実際の写真を。

車のステンレスマフラーを綺麗にしたい 

タイトルにもあるように、こちらが磨く前の写真。一応、パーツクリーナで清掃しています。

車のステンレスマフラーを綺麗にしたい お薦めの研磨剤 

こちらが磨いた後。磨いたと言っても、溶剤を少し付けてクロスでふき取ったに過ぎません。

注目してほしいのが、テールエンドの縁の内側。

磨く前は、紫色のウロコっぽいものがあります。もちろん、パーツクリーナでも拭きましたが取れませんでした。

それが磨いた後は、綺麗に消えているのが分かると思います。

綺麗にはなるが、臭いが死ねる。。。

使った金属磨きがこちら。

ステンレス研磨剤 ブルーマジック

ブルーマジックというアメリカのものです。

ステンレス研磨剤 ブルーマジック

中身は、いかにもといった感じの色で、かなりのアンモニア臭がします。

キッチンの流しも磨いたのですが、換気扇を強で回していないと耐えられないレベルです。

ピカールが液体なのに対して、こちらはペーストタイプ。(ペーストタイプのピカールも発売されました)

全ての金属に対してOKなようで詳しく挙げると、

  • アルミ
  • マグネシウム
  • 真鍮
  • ステンレス
  • ガラス繊維

となっています。

使い方は、柔らかい布にペーストを取り、磨きたいものを磨いていきます。

ちなみにこのクリーム、研磨後は表面をシリコン膜が覆って保護するため、磨いていると布が黒くなってきます。

布で最初にある程度磨いたら、機械を使ってバフすると良いと思いますが、無い場合は綺麗な布で仕上げると良いでしょう。

量は550g入っていますが、とても減る気配はなく数年はもちそうです。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 私は趣味は自転車、ドライブ、音楽、読書、カメラです。 車はロータスが好きです。 このサイトでは主に以下のことについて取り上げていこうと思います。 ・穴場観光スポット ・本 ・買って良かった製品、サービスなど ・海外旅行 ・レンタカーやドライブウェイ、覆面パトカーなど車全般 ・大学生向け一人暮らしhow to ・音楽 ・美味しいお店 ・日々のこと思うまま。 サイト名の由来に関してはHOMEも覗いてみてくださいね。