一人暮らしの物件を選ぶなら レオパレスってどうなの?

さて、これから実家を離れて一人暮らしをしようという方も多いのではないでしょうか。

まずは物件選び、ということでここでは私が以前住んだことのあるレオパレスを参考にしながら書いていきます。

 

家賃・距離・広さ

物件を選ぶ際の大きな基準の一つがこれです。

まず、距離ですが学校に近いところを優先するのか、それともスーパーなどに近いところか、電車やバスなどのアクセスが良いところかで決めると良いでしょう。

家賃は利便性と築年数、広さ、鉄筋か木造かでも変わってきます。鉄筋、木造に関しては後で触れます。

広さは、どこで妥協するかだと思いますが、収納スペース、これが結構重要です。

収納スペースがそれなりにあると、多少部屋が狭くても十分快適です。

あとは間取りや光が差し込むか、設備、騒音などで絞っていけば良いと思います。

 

レオパレスのメリット

メリットはやはり最初から必要最低限のものは揃っているので、すぐに住めて手間もそれほどかからないというところだと思います。

机、イス、カーテン、エアコン、クローゼット、収納、テレビ、洗濯機、冷蔵庫、レンジが付いています。

ただ、最近は洗濯機、冷蔵庫、レンジなどのセットでレンタルできるサービスがいろいろありますので、それほどメリットではないかもしれません。

あと、棚と収納スペースが多いです。棚はシューズラックは10段くらいありますし、洗濯機の横、トイレの上、ベッドの上、テレビの上などにあります。

レオパレス 部屋

収納に関しては、扉つきのクローゼット(スーツ10着以上は入ります)、ベッドの下(扉つき)などです。ただ、レオパレスもいくつかタイプがあるので、この通りではないこと予めご了承ください。

また、ネットに関してはLEONETというサービスがあり、光回線の物件なら上り下りとも100MB/sが基本です。(大体は光が通っていると思いますが、一部ADSL、ISBN回線の物件もあります。)

月額1645円で通信制限もないので、比較的お得かなとは思います。

Advertisement

あとは、土日祝もやっているフリーダイヤルのコールセンターがあるので、騒音苦情の処理はもちろん、洗濯機が臭いので換えてほしいといったことも対応してくれます。

 

レオパレスのデメリット

ネットで調べるとすぐ出てくるように、レオパレスは壁が薄いことで有名です。

しかし、私の隣の方が静かだったのか分かりませんが、話し声とか生活音は特に聞こえませんでした。

それよりも、上階の足音が酷かったです。(木造に加え、どちらかと言うと標準より大きめの足音というのもあります)

今起きたな、とか玄関の方に行ったとか、よく分かりました。(笑)

これはやはり木造の物件には免れない問題でしょう。

1階でも床が少し軋むところもあり、足音が響くので結構その辺りは気をつかいました。

単にレオパレスの木造が酷過ぎるだけなのかもしれませんが。

それと、車のマフラー音も結構響きます。(普通の車でさえ)

家全体が振動するかのような。(言い過ぎか^^;)

 

鉄筋はさすがにそこまで気を遣ったり、上階の人が今どこに行ったかまでは伝わってこないので、どこまで音を許容できるかだと思います。

レオパレスは比較的新しい物件でも木造だったりするので、そこは注意しましょう。

また、最初からいろいろ揃ってる分、他と比べ若干割高です。

あ、あと上の写真でも分かるように、エアコンがクローゼットの上に付いていて、夏は良いですが冬は上ばっかり暖かくなって使えません。(ちゃんとしたレイアウトの物件もあると思います)

キッチンも流しが縦に長いのでそこそこ使いにくいです。まな板が半分ずつしか洗えないです。。。

また、見た目はIHですがラジエントヒーターです。

レオパレス キッチン

以上がデメリットだと思います。
あまり参考にならないかもしれませんが、物件選びの一助となれば幸いです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 私は趣味は自転車、ドライブ、音楽、読書、カメラです。 車はロータスが好きです。 このサイトでは主に以下のことについて取り上げていこうと思います。 ・穴場観光スポット ・本 ・買って良かった製品、サービスなど ・海外旅行 ・レンタカーやドライブウェイ、覆面パトカーなど車全般 ・大学生向け一人暮らしhow to ・音楽 ・美味しいお店 ・日々のこと思うまま。 サイト名の由来に関してはHOMEも覗いてみてくださいね。