自殺したい、死にたいと思う前に。人生についての答がLINEにあるかもしれない。

私はこうやって記事を書いていますが今も、まれにつらいときがあります。一時期は目が覚めている間、絶えず死にたいと思っていました。

自分なんか消えてしまえば良い、何のために生きているのか。(以下の記事に詳しく書いてあります)

自殺をする前に 死にたいと思う前に 読んでほしい

2016.08.07

今、あのときのことを振り返ってみると、考え過ぎだったと思います。

何のために生きるのかという目的がなくても、別に良いのではないでしょうか。確かに、多感な学生のときは何か答がほしくなります。未来が不安で仕方がない。。。

私の考えとしては、今を精一杯生きる、そして誰かを愛することだと思っています。

今を生きるとは

例えば貴方がコンサートホールのステージに立っていて、照明が当てられているところ、そこが今です。

今に集中している、照明がしっかりと当たっているならば、客席の奥のほう、過去や未来なんてほとんど見えないし気にならないでしょう。

ですが、今を何となく生きている、照明がぼんやりしているならば、客席の人の顔が気になってしまうでしょう。

考えたところで、未来が分かるのでしょうか。見えない、分からないものを考えて、無駄に不安を煽っていませんか。

もちろん無計画に生きろというわけではありません。

確実に分かっている今と、今を改善するためのちょっと先の未来。そこに集中して生きていれば、未来を考えて不安になることはないと思います。

愛すること

続いて、誰かを愛することですが、やはり人間というものを考えたら、愛すること、幸せになる、することではと思います。

そういった心的なものは、目に見えないので難しいですしゴールがありません。

私はまだ誰かを愛したことがありません。

何を言われても何をされても、無償でその人のために何かをしてあげる。

愛すべき人に出会えたときに、愛することができるような、幸せにすることができるような魅力的な人間になるために、自分を成長させたいのです。

 

人生の悩みについて解説しているLINEがある

さて、本題から随分と離れましたが、LINEで芸能人の方がいろいろなブログを書いています。

日々の活動のことや、食レポ、告知などなど。

その中に、読者の人生の悩みについて真面目に答えてくれているLINEがあるので、いくつか紹介したいと思います。

小池一夫氏

小池氏は漫画家、脚本家などの作家であり、現在81歳です。

彼の投稿はそこまで多くはないですが、人生相談というコーナーがあり、愛と人生のことについては、80年以上生きてきた経験が醸成されてグッとくるものがあるので、以下に紹介します。

「若者は自分の可能性の大きさに悩み、年寄りは可能性の少なさに悩む。 小池一夫 人生相談7回目」

「全てのことに答えは無い、解答不能を答えにして前に進む。 小池一夫 人生相談8回目」

「着地点を考えてから飛ぶのではなく、飛んでから着地点を考える。 小池一夫 人生相談13回目」

 

茂木健一郎氏

続いて、脳科学者で有名な茂木氏です。一時期はテレビ番組、「プロフェッショナル 仕事の流儀」の司会もされていました。

彼はほぼ毎日更新しており、脳科学者という立場を活かして科学的に、あるいは経験的に読者の質問に答えています。また、政治やニュースなどについても触れています。

その中に「脳なんでも相談室」というコーナーがあるのですが、人生に関する、特に若者からの質問も多く、またコメント欄も他の読者からの書き込みが盛んなので、参考になるのではと思い、紹介させていただきます。

「脳なんでも相談室。どんどん、負のループです。」

「脳なんでも相談室。死後のことについてです」

「脳なんでも相談室。家では絵ばかり描いています。」

上に挙げた記事は少々古いですが、他にも人生に関する質問などが多数ありますので、参考にしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 私は趣味は自転車、ドライブ、音楽、読書、カメラです。 車はロータスが好きです。 このサイトでは主に以下のことについて取り上げていこうと思います。 ・穴場観光スポット ・本 ・買って良かった製品、サービスなど ・海外旅行 ・レンタカーやドライブウェイ、覆面パトカーなど車全般 ・大学生向け一人暮らしhow to ・音楽 ・美味しいお店 ・日々のこと思うまま。 サイト名の由来に関してはHOMEも覗いてみてくださいね。