Anycaでロータススーパーセブンを借りてみた。

ロータス スーパー7

早朝の峠などで、たまに見かけたことがある方もいるのではないでしょうか。

レーシングカーのようなゴーカートのような独特のデザイン。屋根もドアも無いフルオープン。(乗り降りするにはフレームを跨いで乗ります。)

車に必要なのは、軽さと楽しさだけ。。。

ロータス スーパー7

今回は、個人間カーシェアリングで有名な、DeNAが運営するAnycaでロータス スーパー7を借りました。

車のレビューとAnycaの利用法を書いてみたいと思います。記事最後に2500円引きになるクーポンコードも載せていますので、しばしお付き合いください。(ちなみにクーポンを使うと、1日3400円で借りられてしまいます。)

車重620kg!

軽自動車ならまだしも、排気量1.6Lでこの軽さですから、普通の車と比べていかに軽いかが分かると思います。

コーナリングでは、カーブに吸い込まれていきます(笑)

エンジンルームはこんな感じです。

ロータススーパー7 エンジンルーム

とってもシンプルです。あと、特徴的な剥き出しのマフラー。

ロータススーパー7 マフラー

必要なもの以外は全て取り除いたストイックなマシン。

ですが、乗り味は意外とマイルドなんです。フロントサスが路面の衝撃を適度に吸収してくれ、ガチガチのスポーツカーというより、大人のツーリングカーといったイメージです。

もうこのままドライブせずに返そうかと思った。

この手のスポーツカーって、足元がとにかく狭いんです。私は以前、AZ-1にも乗ったことがあり、そのときも狭いと思ったのですが、スーパーセブンは更に狭かった。

ちなみにAZ-1は軽なので狭いのは分かりますが、こちらは普通車。フロントが長いので足元も余裕があるだろうと思っていましたが。。

AZ-1 足元スーパーセブンの足元の狭さは尋常でない。

1枚目がAZ-1、2枚目がスーパーセブンです。

先に行くほど、どんどん狭くなっています。確かに、上から見ると長方形というより三角形ですね。

スーパーセブン

何が怖かったかというと、ブレーキが効かない。アシストは付いていないので踏力のみなのですが、少し幅広な靴だったためブレーキを踏むとアクセルも踏んでしまう。

なので踏んでも止まらないのです。しばらくはサイドブレーキに手をかけていました(笑)

加速がもの凄い車より、止まらない車が一番怖いですね。。。

ですが、しばらく乗っていると足の配置のコツがつかめてきます。親指の付け根でブレーキを踏み、小指のほうでアクセルを踏むみたいな。

軽いだけじゃない。粋な演出が大人のツーリングカー。

オーディオもない、屋根もない、ドアもない、目を三角形にしてコーナーをガチガチに攻める車、という見た目ですが、乗ってみると良い意味で裏切られます。

まずは音。低音が良い響きです。スーパーセブン、キャブ式なのでエンジンをかけるときはキーをひねりつつ、アクセルを吹かしながらかけます。

車外からのマフラー音も録ってみました。フルオープンなのでシートに座っていても車外みたいなものですが。。

ここで、計器類を見てみます。

ロータススーパーセブン 計器類ロータススーパーセブン 計器類

ハンドルは良い感じの小ささです。

ウィンカーは手動で、曲がっても自動では消えないので、自分で戻す必要があります。

ロータススーパーセブン 計器類

こちらは左のメーターから順に、バッテリー、水温(多分。。)、反射して見にくいですがガソリンの計器になります。

フルオープンですが、一応ワイパーは付いています。

ロータススーパーセブン 車内からの見え方

車内からはこんな感じで見えます。ルームミラーも付いていますが、タイヤしか映りません。

なので、サイドミラーで後方確認することになります。

あ、一応スーパーセブンということで、セブンです。。

スーパーセブンとセブンイレブン

あとはここに2-11もいれば完璧です。

ロータス 2-11
http://www.ruleworks.co.uk/carguide/lotus-2-eleven.asp

お分かりいただけましたでしょうか(^_^;)

ギアはショートストロークですごく気持ち良いです。5速MTです。市街地でも3速くらいで十分余裕があります。

ロータススーパーセブン シフトギア

センターコンソールは革でお洒落です。

ロータススーパーセブン センターコンソールの革

ちなみに、シートヒーターは残念ながらありませんが、足元からの温風はありますので、そこそこ快適です。そう、そこそこ。。

スーパーセブン ヒータースイッチ

スイッチはシフトギアの奥にありまして、真ん中のつまみで強弱を調整できます。

フロントガラスが一応あるので、涙で前が見えないってわけではありませんが、横の窓がないので横からの巻き込み風がなかなかのものです。

ですから、冬のオープンカーは露天風呂で快適というのを想像していると痛い目にあいます。

手袋とネックウォーマーの類はあったほうが良いです。

ロータススーパーセブン エンブレム

クラッチですが、結構奥のほうで繋がります。私は今回もエンスト連発してました(笑)

さて、粋な演出ですがもう一つがこちら。

スーパーセブン ライトのメッキに映る空が美しいスーパーセブン ライトのメッキに映る空が美しい

そう、ライトのところがメッキになっていて、空が映るようになっているのです。

元々オープンなのだから、いつでも空が見られるわけなのに、このライトのところに空を映す演出が良いですね。

高速などでタンクローリーが走っていると、後ろを走って自分の車を映したくなるような感じ。

そういうわけで、ついつい見とれてしまう。。なお、タイヤはライトの直下ではなく外側にあるので、お忘れなく。。。

Anycaはレンタカーでは借りられない車もリーズナブルに借りられる

ここで、Anycaの紹介に入っていきます。

Anycaについては以前に詳しくまとめた記事がありますので、良かったら参照ください。

トヨタレンタカーよりも半額以下で86を借りられる! 副収入を得ることも可能なAnycaとは

2016.12.07

簡単に説明しますと、一般的なレンタカーは「会社」対「客」のいわゆるB to Cで、車種が限られていたり、スポーツカー専門のところは値段が高かったり。

Anycaの場合は、車のオーナーとその車を借りたいドライバーの、C to Cのビジネスで、レンタカーでは置いていない旧車や珍しい車を、リーズナブルに借りられます。

それでは実際にAnycaで借りてみましょう。

Anycaでセブンを借りる方法

Anycaのホームページ、もしくはアプリから乗りたい車を検索できますが、今回はセブンのページのリンクを貼っておきます。(メンテナンスなどで一時的に借りられない場合があります)

https://anyca.net/car/12641

まずは、予約リクエストをする前にオーナーに問い合わせをします。(〇月〇日の〇時から〇時まで借りたいのですが、空いていますかといったように)

Anyca スーパーセブン 予約画面

オーナーから了承があれば、予約リクエストで正式に予約をします。

Anyca スーパーセブン 予約画面

開始、返却時間を選択し、支払い方法を登録します。

Anyca スーパーセブン 予約画面Anyca スーパーセブン 予約画面

すると、料金が計算されます。

クーポンは自動で適用されるようになっていますが、反映されない場合は「anyca86」をクーポンコードとして入力してもらうと2500円OFFになります。

anyca 予約画面

規約を確認し、予約リクエスト送信をします。

anyca 予約画面

この後、再度オーナーから了承があると、このようなメッセージが自動配信されます。

anyca 予約画面

予約詳細で、今回予約した内容を確認できます。

anyca 予約画面anyca 予約画面

当日の自動車保険の証券番号なども、このフォームから確認できます。

anyca 予約画面

なお、返却時間は早くても保険の終了時間は24時間単位となっています。

最後に、「確認事項」からキズの確認をします。当日、実際に現場でキズの説明がオーナーからありますが、事前に確認しておくことができます。

anyca 予約画面

オーナーの車は15年以上も前のセブンですが、とても綺麗にされています。また、古い車ということでメンテナンスも定期的に必要で、たまに借りられないときがありますが、気長に待っていただければと思います。

 

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 私は趣味は自転車、ドライブ、音楽、読書、カメラです。 車はロータスが好きです。 このサイトでは主に以下のことについて取り上げていこうと思います。 ・穴場観光スポット ・本 ・買って良かった製品、サービスなど ・海外旅行 ・レンタカーやドライブウェイ、覆面パトカーなど車全般 ・大学生向け一人暮らしhow to ・音楽 ・美味しいお店 ・日々のこと思うまま。 サイト名の由来に関してはHOMEも覗いてみてくださいね。