京都 伊根湾 680円でカモメと一緒にクルージング

京都 伊根湾のカモメ

ガレージには車、ではなくて舟

ここ京都、伊根は舟屋で有名なところ。舟屋とは、下(1階)が舟のガレージになっていて、上が住居となっている家のことで、200軒以上もの舟屋が伊根にあります。

京都 伊根の舟屋群伊根の舟屋 休憩所

海は緑っぽく見えますが、水自体は透き通っていて綺麗です。

伊根湾の海の透明さ

舟屋に来たら、伊根湾めぐり遊覧船にも乗るべきです。こちらが遊覧船。カモメがお辞儀して出迎えてくれます。
伊根湾めぐりの遊覧船伊根湾めぐりの遊覧船

デッキにはカモメがびっしり。
伊根湾のカモメたち

 

カモメとの距離が近すぎる!

遊覧船は9:00から毎時30分おきに16:30まで出航しています。1周が約25分で大人(中学生以上)が680円の子どもが340円。

伊根湾遊覧船のKAMOME6号

船内(1階)は冷暖房がありますが、ここの値打ちは何と言ってもカモメに直接エサをあげることができて、カモメとの距離がもの凄く近いということです。

エサを投げてそれをキャッチするというようなレベルではありません。もう本当に直接手渡しというか手と口ばしの距離3cmという世界です。

なので、ためらわず2階デッキへ行きましょう。

ちなみにエサは我々も食べるカルシウム豊富なかっぱえびせんです^^;
100円で売られています。

船が動き始める前は皆さんこのように大人しくしています。

伊根湾遊覧船のエサ争奪戦が始まる前のカモメたち

しかし、ひとたびエサ争奪レースが始まるようものなら。。

伊根湾遊覧船に群れるカモメたち

エサのあげかたは、かっぱえびせんをつまんで、頭上より少し上に掲げておくと、カモメがやってきて口ばしでうまく食べてくれます。もう、カルビーのCMに出られるのではないかというくらい、良い音させて食べてくれるんです(笑)

ただ、エサ争奪レースに参加しているのは残念ながらカモメだけではありません。そのライバルがこちら。

伊根湾遊覧船の鳶

そう、とんびです。雑食なので彼もかっぱえびせんを食べます。しかもヤツは360°あらぬ方向から忍び寄ってきます。それに口ばしではなくて前足で取りにきます。

稀に我々が食べられるのではないかと、突っ込んでくることがあるのでたちが悪いと言ったらありゃしない。
なので我々もうまくヤツをかわしながら、カモメにエサをあげねばなりません。

Advertisement

カモメにエサをあげられるのは、ずっと船に乗っている間中というわけではなく、風の関係があるので前半か後半かといった感じです。

ですが、エサをあげられるベストな時間帯はカモメたちが、ほぼ頭上でホバリングしてエサを待っててくれるので、そのときにいっぱいあげましょう。

結構ハイペースでエサをあげないと、かっぱえびせんは一番小さいサイズのものなのですが、それでも意外と余ったりしてしまいます。

今回のベストショット。
伊根湾遊覧船のカモメの鋭い眼光

これを見てしまうと我々が妄想を抱いているカモメの可愛いイメージが決壊しそうですが(笑)

25分のクルーズだったのですが、5分くらいに感じられてしまいました。船内の観光アナウンスそっちのけで、エサをあげるのと鳶をかわすのに夢中でした。

もう一度乗りたいと思うくらい、これは本当に楽しかったです。
カモメと戯れるクルーズは1年中やっていますが、カモメの産卵期、4-7月は少し数が減るかもしれません。

大型の観光バスも来るくらいです。

伊根湾遊覧船めぐりに来ていた観光バス大空へはばたくカモメ
周辺のスイーツ情報はこちら

伊根湾遊覧船めぐりの場所は、
国道178を南から来るなら学校のグラウンドが見える日出という交差点を右に曲がるとすぐです。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 私は趣味は自転車、ドライブ、音楽、読書、カメラです。 車はロータスが好きです。 このサイトでは主に以下のことについて取り上げていこうと思います。 ・穴場観光スポット ・本 ・買って良かった製品、サービスなど ・海外旅行 ・レンタカーやドライブウェイ、覆面パトカーなど車全般 ・大学生向け一人暮らしhow to ・音楽 ・美味しいお店 ・日々のこと思うまま。 サイト名の由来に関してはHOMEも覗いてみてくださいね。