しまなみ海道走るなら、はっさく大福を食べに行くべき!

しまなみ海道 因島 はっさく大福

しまなみ海道にはいくつか人気のスイーツがあります。ジェラートで有名な「ドルチェ」、伯方の塩ソフトクリームなど。

ただどちらもサイクリングコースの側にお店があるので分かりやすいのですが、はっさく大福は沿道にはなく、少し道を逸れたところにあるので、通り過ぎてしまうこともしばしば。

おそらく、しまなみ海道で一番最初に出てくるスイーツだと思いますので、ここで一息つくのにちょうど良いタイミングだと思います。(尾道側スタート)

それでは、場所と食レポを書いていきます。

自転車の聖地、しまなみ海道

私は琵琶湖も走ったことがあるのですが、やっぱり全然違いますね。

湖と海というのもありますが、なんというかワクワク感が違う。琵琶湖は道が狭く、交通量が多く、スイーツなどもあまり無く、トンネルも多く、道も悪く走りにくい。

しまなみ海道がリゾートなら、琵琶湖はトレーニングといった感じでしょうか。

しまなみ海道 尾道の渡し船

さて、尾道から渡し船に乗り、向島へ。

この船に乗ると、あぁ、しまなみ海道に来たんだなという気持ちと、旅の幕開けの高揚感に包まれます。

向島を走って行くと、しまなみ海道で最初に目に入ってくる赤い橋が見えてきて、改めて懐かしい気持ちに。

しまなみ海道 向島の赤い橋

しばらく進んで行くと、向島から因島へ渡る、最初の海上橋が出てきます。

しまなみ海道 向島と因島を結ぶ橋

ちなみに、この橋はしまなみ海道で唯一、自転車と車が上下に分離されている橋です。他の橋は、車と同じ道を走る(バリケードはされています)のですが、ここだけ、車は上側を、自転車バイクは下側です。

さて、しまなみ海道は意外とアップダウンが多く、その原因の一つが橋を渡るために上っていく道。

しまなみ海道 橋に上る道

ちょっとしたゴーカートコースみたいなところを、ひたすら上っていきます。上りきると、このような景色になります。

しまなみ海道 向島と因島を結ぶ橋しまなみ海道 向島と因島を結ぶ橋から眼下に広がる海

なお、この橋は他と比べると少々狭く、左側は自転車とバイクが対面通行です。右側の緑の道は歩行者用です。

しまなみ海道 向島と因島を結ぶ橋は少々狭い

そして、橋を渡り終え、再度ゴーカートコースを下ります。下りきると、ここに出てきます。

しまなみ海道 因島

ルート的には、この道を右に下っていきます。ただ、結構長い下りで、はっさく大福への道は、途中で右にまた曲がるんですよね。。。

せっかくの下りなのに、と。

写真が少し分かりにくいですが、50mほど下ったところに右に曲がれる道が出てきます。目印として公園の恐竜が見えてきます。

しまなみ海道 因島の恐竜

右に曲がり、またすぐに右へ曲がります。

しまなみ海道 因島のはっさく大福の看板

位置のイメージとしては、下の写真の場所の裏側に行くような感じでしょうか。

しまなみ海道 因島

さて、右に右に曲がって行くと、また上りになります(笑)

上りきったところに、はっさく大福が売られているレストハウスがあります。

しまなみ海道 因島のはっさく屋

疲れた体にビタミン補充!

味のほうですが、はっさくの苦み、酸味、甘さを大福で絶妙にコラボさせたバランス感が最高です。中身は八朔が丸ごと入っており、原材料を見ても変なものは一切入っていません。

しまなみ海道 因島のはっさく大福しまなみ海道 因島のはっさく大福 原材料

また、今の時期はいちご大福もありました。

しまなみ海道 因島 はっさく屋のいちご大福しまなみ海道 因島 はっさく屋のいちご大福 原材料

値段は、はっさく大福が1個160円、いちご大福が220円。

いちご大福も苺が丸ごと入っていますが、こちらは一度食べたら十分かなぁという感じでした。

やはり、はっさくのジューシー感、ほのかな苦みと酸味が疲れた体に染み込んでいきます。

なお、はっさくの苦みはナリンギンという成分が影響しており、ビタミンPの一種であり高血圧予防に効果があります。はっさく 果実の知識「丸果石川中央青果」

営業時間は8:00-17:00、定休日は基本は月曜、火曜ですが、たまに不定休があるので、はっさく屋のホームページで確認をお薦めします。「因島のはっさく大福 はっさく屋」

はっさく屋からの景色も良いので、ぜひお薦めします。

しまなみ海道 因島のはっさく屋からの景色

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 私は趣味は自転車、ドライブ、音楽、読書、カメラです。 車はロータスが好きです。 このサイトでは主に以下のことについて取り上げていこうと思います。 ・穴場観光スポット ・本 ・買って良かった製品、サービスなど ・海外旅行 ・レンタカーやドライブウェイ、覆面パトカーなど車全般 ・大学生向け一人暮らしhow to ・音楽 ・美味しいお店 ・日々のこと思うまま。 サイト名の由来に関してはHOMEも覗いてみてくださいね。