DMMいろいろレンタルでCanon X7 一眼レフを借りてみた。

DMMいろいろレンタル 一眼レフカメラ

今回は、Canon EOS KissシリーズのX7一眼レフカメラをDMMいろいろレンタルで借りてみました。DMMとRentioの比較については、以下の記事にまとめました。

DMMいろいろレンタルとRentioを比較。メリットとデメリットは?

2017.12.08

ネットから在庫状況が確認できるので、予定を立てやすい。

レンタルするには、DMMいろいろレンタルのページから借りたい商品を探し、在庫スケジュールを確認して予約するだけです。DMMいろいろレンタル Canon X7

ここでは、一眼レフカメラを借りることにします。
X7を選択し、在庫スケジュールを確認します。(写真は11月26日時点作成)

DMMいろいろレンタル 一眼レフカメラDMMいろいろレンタル 一眼レフカメラ

今回は12月2日と3日の2日間借りてみました。(最短2日から、商品によりますが最長6か月間レンタルできます。X7に関しては最長30日です。)

在庫スケジュールを確認し、都合が良ければ「レンタル予約する」ボタンを押します。

DMMいろいろレンタル 一眼レフカメラ

ボタンを押すと、レンタル期間選択画面になります。

DMMいろいろレンタル 期間選択DMMいろいろレンタル 期間選択

日数別の料金は以下のようになっています。

DMMいろいろレンタル Canon X7 レンタル料金

2日→3日 +910円
3日→4日 +680円
4日→5日 +680円
5日→6日 +570円
6日→7日 +570円
7日→8日 +560円

となっており、5日以降30日までは570円と560円を行ったり来たりしています。

配送エリアですが、沖縄には発送できないのでご注意ください。

また、レンタル期間を2日間にした場合、レンタル可能な最大時間は次のようになります。

商品到着を午前中指定にしたとして、9時から12時の間に届きます。(佐川急便なのでクロネコと比べると、午前中でも遅めな気がします。)

そして、返却は翌日の17時までに佐川急便の営業所へ。

営業所によっては16時までのところもありますので確認が必要です。また、年末などの繁忙期は当日の電話での集荷は受け付けていないので、遅くても前日までに集荷依頼をお薦めします。

ですので、土曜日の朝から出かけて日曜日の夜まで使いたい場合は、4日間借りるのが安全です。

さて、日数を選択し「バスケットへ登録」ボタンを押すと会員登録画面が出てきます。

一度登録しておけば、DMM.comの全てのサービスでログインして利用できますので便利です。
DMM.com サービス一覧

DMMいろいろレンタルは普通の箱で届く

てっきり、AmazonのようにDMMのロゴが箱に書かれているかと思っていたのですが、全く普通の段ボールです。返却時もこの箱で問題ありません。

DMMいろいろレンタルの箱

発送元は石川県からとなっており、おそらく全国各地にあるDMMいろいろレンタルの配送拠点から、居住地と近いところのセンターが選ばれて、商品が送られてくるのだと思われます。

DMMいろいろレンタルの発送元は石川県だった

箱を開けると、中に領収書や返送用の伝票が入ったファイルとカメラバッグが入ってあります。

DMMいろいろレンタル 箱の中

ファイルの中は、上記のものと返送までの案内の紙が入っています。

DMMいろいろレンタル 同封物

案内の紙の裏はアンケートになっていて、次回使えるクーポンコードも載っています。ただ、期限が1か月ほどしかないのがいただけない。 最近は、半年くらいになっているようです。

DMMいろいろレンタル アンケート

また、領収書の裏は納品書になっており、そこに居住地の近くの営業所の電話番号が載っていて、返却時に調べる必要がないのはありがたいです。

DMMいろいろレンタル 返送伝票と返送時に依頼する営業所の電話番号が載っている納品書

さて、カメラのほうに行きましょう。

カメラ一式は全てこのカメラバッグに入ってあります。

DMMいろいろレンタル カメラバッグ

鞄を開けると、こんな感じになっています。

DMMいろいろレンタル カメラバッグの中身

真ん中にカメラ本体、右側にレンズ2本、左側に充電器一式です。

DMMいろいろレンタル Canon X7 一眼レフ

カメラバッグ正面のポケットには、書類とSDカードが入っています。

DMMいろいろレンタル 付属品一覧

一眼カメラレンズの装着の仕方

送られてくるときはレンズと本体が別々になっているので、自分でレンズを装着しなければなりません。

DMMいろいろレンタル 送られてくるカメラはレンズが付いていないので自分でつける必要がある。

ここで、レンズを装着する前に先にバッテリーを入れましょう。

バッテリーはカメラ底部のところに入れます。

Canon X7 バッテリーの入れ方

この向きで入れます。

Canon X7 バッテリーの入れ方

ちゃんと入ると、白いツメで固定されます。SDカードもバッテリーの上に入れます。

Canon X7 バッテリーの入れ方

 

それではレンズを付けていきます。本体とレンズの根本側の蓋を外します。

DMMいろいろレンタル 送られてくるカメラはレンズが付いていないので自分でつける必要がある。DMMいろいろレンタル レンズ装着方法

本体とレンズに白い四角マークがあり、それを合わせるようにくっ付けます。

DMMいろいろレンタル レンズ装着方法DMMいろいろレンタル レンズ装着方法

くっ付けたまま、レンズを時計回りに60°くらい回転させます。無事固定されると、「カチッ」という音がします。

これで、写真を撮れます。撮る際はレンズの先端側の蓋も外すことを忘れないように。

一眼レフカメラ レンズの仕組み

ここで、簡単にレンズの仕組みを説明してみます。デジカメと違い、一眼は慣れるまでは少々複雑です。

Canon 一眼レフ レンズの仕組み

上の写真で、右側がカメラ本体とくっ付くほうです。

私は、一眼レフって全て本体側で、操作が完結すると以前は思っていたのですが、レンズ側でも結構操作する箇所があるんですよね。

まず、STABILIZERですがこれは手ぶれ補正です。ずっとONのままで問題ないです。

続いてその上の、AFとMFですがオートフォーカスとマニュアルフォーカスです。

デジカメやスマホなどは勝手に焦点を合わしてくれるオートフォーカスですが、たまに焦点が合わないとき、もしくはこっちの対象物に焦点を合わしたいというとき、あるのでは?

そういうときに、MFにすると自分で焦点を合わせることができます。その場合は、レンズの真ん中がズーム時に回転させる部分ですが、さらにその左に同じようにギザギザした部分があるかと思います。

そこを回転させることで焦点を合わせられます。双眼鏡みたいな感じです。

 

以上になりますが、DMMは返却時間が返却日の17時までというのがネック。そこで、レンタルサービスのRentioといろいろ比較してみましたので、参考にしてみてください。

DMMいろいろレンタルとRentioを比較。メリットとデメリットは?

2017.12.08

 

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 私は趣味は自転車、ドライブ、音楽、読書、カメラです。 車はロータスが好きです。 このサイトでは主に以下のことについて取り上げていこうと思います。 ・穴場観光スポット ・本 ・買って良かった製品、サービスなど ・海外旅行 ・レンタカーやドライブウェイ、覆面パトカーなど車全般 ・大学生向け一人暮らしhow to ・音楽 ・美味しいお店 ・日々のこと思うまま。 サイト名の由来に関してはHOMEも覗いてみてくださいね。