関西からビーチの美しい海に行くなら 露天風呂もある琴引浜

ビーチと海が美しい夏の琴引浜

夏と言えば海!ということで、海だけでなく浜辺も美しい海水浴場を紹介したいと思います。

一度行ったらもう他の海には行けない

確かに沖縄などと比べたらあれですが、大阪や神戸など関西から海に行くなら須磨か白浜か越前かと思います。須磨は近いですが海は緑で、音楽もうるさくて、と海より雰囲気を楽しむのなら良いのかもしれません。

また、遠くから見てると青々としていて綺麗な海だなと思っていても、駐車場に車を止めて海まで下りてくると意外とグリーンなんてこともあるのではないでしょうか。

あとは、浜辺に貝殻やゴミや花火が落ちていて、海に入る直前までサンダルを履いていかないといけなかったり。

琴引浜はそのようなことは皆無です。琴引浜の浜辺は全長2kmにも渡り、とにかく砂が美しい。

よくある砂浜は、小麦色だったり茶色だったりが多いと思いますが、琴引浜の砂浜は白です。そう、まるで石けんの香りのする少女の肌のような色です(笑)
百聞は一見に如かずということで動画を御覧ください。

 

うるさい音楽も流れていません。聞こえてくるのは波の打ち寄せる音だけ。。
この動画は風の音もありますが(笑)

動画の途中辺りで、海が少し黒い部分がありますがこれは藻が押し寄せていて、撮影した翌日には浜辺に打ち上げられ、掃除されていると思いますので、今はもっと綺麗だと思います。

そして、砂が美しい最たる証拠として、琴引浜の砂は鳴き砂と呼ばれています。砂が鳴くのです。

どういう音かというと、手をこすり合わせておならの真似をするというか、ああいう音に似ています。おならと言ってしまうと風情がないですが。

サンダルなどで地面を擦るようにして歩くと、きゅっきゅと鳴ります。
ちなみに鳴き砂は磯側の方がよく鳴ります。
駐車場から琴引浜の眺め

露天風呂もある

砂浜に露天風呂があるのです。もちろん無料で海から10mくらいのところに普通にあります。人がいたので撮影はできませんでしたが、大きさは3m四方くらいでそこそこ大きいです。温度もちょうど良いです。

この時期はさすがに入りたいと思いませんが、秋ごろにサーフィンでもして入るとすごく気持ちいいと思います。

琴引浜は敢えて分けるとするならば、2つのエリアに分かれていて、海に向かって右側は遠浅(ブイのところで2,3mくらいでしょうか)で、岩場もなく遊泳がメインの人におすすめです。

Advertisement

左側は磯みたいな感じで、岩場があります。露天風呂もこちら側にあります。なので砂浜で遊んだり小さな子ども連れの方は、こちらが良いかもしれません。

もちろんどちらも砂浜がつながっているので歩いて行くことができます。この写真は磯側の写真です。

琴引浜の磯側

右側の海の浅瀬では魚が泳いでいることもあります。そして海に入って上がってきて思うことは、体が海臭くならないということです。

よく他の海だと、体がべとついたり、シャワーだけだと全然臭いが取れなくて、石けんがほしいと思うことがありますが、ここはそういう不快感がほとんどありません。

水のシャワーは無料で、10個くらいあります。温水のシャワーは有料ですが、お店の横くらいにあります。お店も確か2軒しか無かったと思います。焼きそばが600円くらいです。更衣室も古いですがあります。

駐車場は1日1000円と少し高いですが、浜辺の清掃費などに充てられますので我慢です。

琴引浜は昨年に続き水質検査で最高ランクのAAなので、十分おすすめできます。「夏の日本海 水質調査結果

雨上がりの琴引浜夕立後の琴引浜

 

先日、久しぶりに行って来たのですが、朝9時半の休日は既に上の駐車場が満車という。

朝9時過ぎで既に上の駐車場は満車の琴引浜

なので、臨時駐車場に止めました。臨時と言っても、海までは上の駐車場より若干遠いくらいです。
ちなみにこちらが、9時半ごろの臨時駐車場の様子。この時間はさすがに空いています。
琴引浜 臨時駐車場

それがお昼前になると。。。
臨時駐車場もお昼前にはほぼ埋まる、琴引浜

臨時駐車場でさえもこの状況です。なので、行かれる方は10時ごろには着きたいところです。

ちなみに臨時Pから海のほうへ歩いて行くと、小さな川が出てきます。

琴引浜にある小さな川

この川を越えるには、海辺のほうまで歩いて行くと、砂浜がつながっているので渡れるようになっています。

砂浜には花も咲いていたりします。

琴引浜の砂浜に咲いている花

続いて海の中ですが、この日も魚がいまして、黄色と黒の縦じまの、4cmくらいの魚やiPhone6くらいの魚もいました。

大きめの魚は逃げる傾向があるのですが、小さい魚は捕まえようとしない限り、結構近づいてきてくれます。

魚がいる場所ですが、先ほどの川よりも左側、特に海が黒くなっている部分(下の写真で印をつけたところの辺り)に多いです。

琴引浜 魚のいるところ

黒く見えるのは磯があるからなのですが、印をつけたところは磯の上に立っても、頭がぎりぎり水面下になるくらいは深いので、気をつけてください。

海で泳ぐのに疲れたら、魚と戯れるのもなかなか楽しいですよ。

夕日も美しい琴引浜

琴引浜の近くには、夕日ヶ浦という地名があるくらい、この辺りは夕日もとても綺麗です。

夕暮れ時の琴引浜夕日も美しい琴引浜
時間が許すようでしたら、夕暮れまで居られることをお薦めします。海の夕暮れってどこか哀愁漂うのですよね。。
京丹後 琴引浜の夕日

 

以前は京都縦貫道は京丹波わちと丹波IC間は繋がっていなかったので、一旦高速を降りて下道を通って再度乗る状態たっだのですが、全線開通したことにより京都の上の方(京丹後)へのアクセスがぐっと近くなりました。

ちなみに京都縦貫道は気持ちいい走りやすい道ですが、高速道路ではなくて自動車専用道路なので、調子に乗っていると私みたいに罰金35,000円も取られます(笑)

牧場直営のソフトクリームのお店

さて、泳ぎ疲れて少し甘いものが食べたくなってきましたね。ということで、琴引浜から車で5分のこちらのお店。

琴引浜からすぐのソフトクリーム店 Acacia Farmアカシアファームのフレーバー 琴引きの塩やトマトシャーベットなど

 

味が定番のバニラを始め、抹茶、チョコ、ラムレーズン、トマトシャーベットなどあります。ちなみに私が頼んだのがこちら。

アカシアファームのアイスクリーム
ピーチ&クリームチーズとバニラと琴引きの塩。どれを選んでも外れがないです。で、このような状態だったので、食べているうちにミックスされてしまいました^^;
私は琴引きの塩、これが一番気に入りました。甘さの中に塩が効いていて、これが一層甘さを引き立てるというか締まりが良いというか。沖縄の雪塩ちんすこうのような感じです。私はこのちんすこうが一番好きです。
雪塩ちんすこう (大) 48個入り(2×24袋)

ちなみにソフトクリームは、360円だったと思います。
また、お店の隣に新しくケーキ屋さんができました。
このお店も同じ系列なので、こちらの広い駐車場に止めても問題ありません。

アカシアフェームの隣に新しくできたケーキ店アカシアフェームの隣に新しくできたケーキ店

同じ系列というのは、同じ牧場のミルクを使ってケーキを作っています。

店内も綺麗で、イートインすることも可能です。

アカシアフェームの隣に新しくできたケーキ店

ケーキはこういう感じです。ちなみに私が頼んだのは、久美浜で獲れた桃のケーキ。

アカシアフェームの隣に新しくできたケーキ店アカシアフェームの隣に新しくできたケーキ店の、久美浜で収穫した桃を使ったケーキ

桃が凄く甘く、苦みや酸味も一切なく、桃の甘味がダイレクトに伝わってきます。スポンジは少し濃いめの味でシフォンケーキみたいな感じでした。値段は500円ほどです。

 

そして最後にもう一つおすすめしたいのが、こちら。経ケ岬灯台の夏の鮮やかな海と空とのコントラスト空と海が出会う場所

この白と青のコントラストが堪らないです。見渡す限りの海、海、海で遮るものがないというのがどれだけ気持ちいいことか。
琴引浜からは30分くらいのところです。ただ、この灯台に行くまでに汗びっしょりになるので、海に行く前に行った方が良いかもしれません。詳しいことはこちらの記事で紹介しています。

空と海が出会う場所 経ケ岬灯台からの絶景

2016.07.26
琴引浜

Acacia Farm
定休日 水曜日(8月は無休)
10:00-17:00(8月は18:00頃までOPENしています)
0772-72-5588

Acacia Farmが休みのときに来た方は、こちらのお店も旬のフルーツを使ったアイスクリームがありおすすめです。

フルーツ王国やさか(私はずっとさやかだと思ってました)
0772-65-4192

2 件のコメント

  • 海!最高ですね〜!ですが私、今年は受験なので…。大学に入りバッキバキに鍛えてから行きたいものです。ところで管理人さんっていつもお一人で行かれるのですか?のんびりのんびりお出かけ♪いいですなー(((o(*゚▽゚*)o)))

    • 一年に一回は海に入らないと、次のシーズンまでフラストレーションが。
      人工物のプールと違って、大海原に抱かれている感じが何とも言えないんです。
      浮輪を着けずに生身の身体で、海に身を委ね空を眺めるのが最高に気持ち良いです。
      生まれる前は羊水に居たので、水に還りたくなるのかもしれません。
      そりゃあ彼女がいれば一緒に行ってますよ笑
      でも私は写真を撮ってるとたまに自分の世界に入ってしまうので、一人の方が気楽なときもあります。
      なので基本おひとり様が多いです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは。 私は趣味は自転車、ドライブ、音楽、読書、カメラです。 車はロータスが好きです。 このサイトでは主に以下のことについて取り上げていこうと思います。 ・穴場観光スポット ・本 ・買って良かった製品、サービスなど ・海外旅行 ・レンタカーやドライブウェイ、覆面パトカーなど車全般 ・大学生向け一人暮らしhow to ・音楽 ・美味しいお店 ・日々のこと思うまま。 サイト名の由来に関してはHOMEも覗いてみてくださいね。